読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツチヤンの生活日記

将来にはのび太くんになりたい24歳 ♂ in 名古屋 (・土・) 。※このツチヤンはフィクションです。

自己紹介はこちら

漫画土 仏ゾーン (武井宏之 作)

漫画土、漫画の記事を書くカテゴリである。

名前の由来は言わずもがな、もがなである。

 

仏ゾーン 1 (集英社文庫―コミック版)

仏ゾーン 1 (集英社文庫―コミック版)

 
1個目の記事は僕が一番の大ファンである漫画家、武井宏之先生のデビュー作「仏ゾーン」。
 
らすじ
西岸寺のサッちゃんは釈迦の後継者、弥勒菩薩の生まれ変わりだった!
仏の国からやってきた千手観音の仏ゾーン、センジュくんと共に悟りの地インドを目指す仏教バトル漫画。
 
1997年に週刊少年ジャンプで連載が開始され、惜しくも19回で打ち切りとなってしまった本作品ではあるが、2003年にはドラマCD化、2004年にはシャーマンキングのゲームソフトにキャラが参戦、2007年には文庫化、そして2014年にはジャンプ改に17年ぶりに新作読み切りが掲載されるなど、輪廻転生しまくる仏教漫画となった。
また、イタコのアンナなど作品の設定は一部、次作大ヒットとなるシャーマンキングに持ち越され、重要な役割を持つことになる。
 
 
武井先生はその作品のほとんどを打ち切りによって連載を終了させている。
仏ゾーン(全3巻)、シャーマンキング(全32巻)、重機人間ユンボル(全1巻)は週刊少年ジャンプにて打ち切り。
シャーマンキングの続編、シャーマンキングFLOWERS(6巻)は掲載誌ジャンプ改が休刊となり打ち切り。
今年、機巧童子ULTIMOが初めての完結作品となった。
 
しかし仏ゾーンだけでなく、打ち切りとなったシャーマンキングも、完全版では描き下ろしが追加され無事に完結。
重機人間ユンボルは、ウルトラジャンプにてユンボルとして新連載復活、などなどファンの熱い思いが作品を復活させた例が多々ある。
 
仏ゾーンでは、仏教というテーマであったり、敵を倒すことでなく、敵を救うことに重きをおくなど、週刊少年ジャンプ作品としては異彩を放っている。
しかし、そんな作風に惹かれてファンとなった読者がいまでも大勢いることと思う。
 
 
現在、武井先生は
コロコロ兄貴にてハイパーダッシュ!四駆郎
少年マガジンエッヂにて猫ヶ原、を連載中である。
シャーマンキングFLOWERSも遠くないうちに某所で復活の予定とのこと。
ファンとして非常に楽しみであるo(・土・)o。

<div>
</div>